プロミスは即日融資キャッシングが良いよね!

MENU

カードローンの借り換えの目安と利用のポイント

カードローンを複数の会社から借り入れている場合、返済に追われるばかりでなく、利息の負担も大きくなります。例えば、現在は50万円以下の小口融資であれば、年利18%以下となっていますが、これが3社となればその年利分だけ利息は膨らみます。

 

利息の負担が重くなり、新たな借り入れで負担を減らすことも考えがちですが、多重債務になりかねず、あまり良い方策とは言えません。そこで解決策の一つとなるのが借り換えです。カードローンの借り換えで大切なポイントは低金利で複数の会社を1本にまとめることです。借り入れを1本化することで、返済回数は1日に集約でき、家計に合わせて返済計画が立てやすくなります。

 

加えて借入先で生じていた利息も低金利に切り替えることで負担を減らすことができます。気をつけるポイントとしては1本化は利息負担を減らすことにはなっても、借り入れの総額は変わらないことです。1本になったことで、精神的にラクになる分、新たな借り入れに走る恐れも生まれやすくなるので注意したいところです。

 

また、借り換えに際しては過去に延滞することなく、返済している点も重要です。カードローンの会社としても、大口の融資となるため、審査は厳しい傾向にあります。貸金業法の総量規制では年収の3分の1以上は借り入れを行うことはできませんが、1本化の目安となるのも、この3分の1です。返済に追われるようになれば、家計を見直して収入と借り入れのバランスを図ることが大事です。

 

広い意味での借り換えとなるおまとめローンの利用を考えている方は、カードローンの一本化で使い方が分かるおまとめローンの返済のコツを見ておきましょう。